婚約指輪はランキングを参考にする|2人に適した指輪選び

指輪

値段じゃない

ペア

用途によって選びます

婚約指輪の相場というと、ひと昔前は給料に3ヶ月分などと言われていましたが、今では値段も安価なものから何千万、果ては何億もする婚約指輪も売られています。一般的なデパートで手に入りやすいものでいえば20万〜50万円くらいが多いかと思います。普通のサラリーマンからすると30万前後が相場だと思います。女性からすればより高い婚約指輪をもらうことがステータスに感じる人もいるかもしれませんが、普段の生活にあった婚約指輪を選ぶことの方が大切です。ほとんどの婚約指輪にはダイヤモンドがついていてその大きさ、質で価格も変わってきます。しかしどんなに大きなダイヤモンドがついていてもそれに見合った服装や小物を揃えていないと指輪だけが浮いていまいます。どんなに大きなダイヤモンドのついた指輪を贈られてもタンスの奥から出ることのないものでは悲しいです。自分の結婚式の日に結婚指輪をはめたあと、上から婚約指輪をはめることが多いです。そのときに自分の指に合うもの、結婚指輪と一緒につけていても違和感のないものが良いです。

ダイヤモンドの質

先ほどダイヤモンドの大きさで価格が変わると書きましたが、ダイヤモンドの価格を決めるのは大きさだけではありません。ダイヤモンドにはカラット、カット、カラー、クオリティの4つの基準があります。カラットはよく知られているダイヤモンドの重さ、いわゆる大きさです。しかしもう一つ重要視したいのはカットです。ダイヤモンドをより美しく輝かせるためにとても大切な役割をもつカット、これこそがダイヤモンドの価値を上げていると思います。また、今では結婚指輪とセットではめるとピッタリ合う指輪も売られています。結婚指輪をいくらくらいにするのか、それによって相場も変わってくると思います。指輪をはめる人たちも、その人の生活もそれぞれなので相場も一概には言えないのが現状です。普段からはめたい人はカラットを小さめに、カットは上質に、結婚指輪とセットでつけられるものがいいと思います。